CeMAT Asia International Logistics Exhibitionに出展し、国際物流の自動化を応援します。

アジア国際物流技術および応用システム展(CeMAT ASIA 2019)は、2019年10月23日〜26日に上海新国際博覧センターで開催されます。スタンダードロボットは、物流技術およびアプリケーションシステム向けの柔軟な物流ソリューションを提供し、複数のレーザーナビゲーションを組み合わせたAGV製品とAGVを統括するスケジューリングシステムを出展いたします。

物流の自動化用AGV、OASIS300およびOASIS600製品をローラー、ロボットなどと組み合わせて、さまざまな生産ラインに柔軟な物流ソリューションを可能にするAGVの走行実演を終日行います。製造メーカー工場内の応用に焦点を当て、様々な状況に対応できる能力、AGVのさらなる可能性を探って行きたいと思います。

 Oasis300 / 600シリーズロボット

OASIS 300(持ち上げ重量300KG)

OASIS 600(持ち上げ重量600KG)

Oasis 300はコンパクトで柔軟性があり、あらゆるタイプの狭い廊下や複雑な無人環境での取り扱いが簡単です。Oasis 600は、ボディ全体の高出力モーターと大容量バッテリーで、重い負荷がかかった場合でもスムーズに移動します。OasisシリーズAGVの停止位置精度は±10mmであり、環境の動的な変化に適応でき、1時間の自動充電で8時間働きます。

アスペクト2ロボットアプリケーションソリューション:Roller Dock + Robotic Collaboration

ローラードッキング+ロボットアームとの連携

Oasis AGVを介して、マルチステーションマルチプロセスの複雑ななドッキングタスクが可能です、マルチステーションローラーメカニズムがクライアント様のご要望にカスタマイズされて、荷揚げおよび荷下ろしが可能。Oasis AGVは、柔軟なコラボレーションプラットフォームとして使用できます。外付けアームなど、外部の機器を使用して、マルチタスクのキャプチャと輸送、およびマルチタスクの一連の作業が可能になります。

アスペクト3最適化された調整:パレット/重量物の取り扱い+アクセス制御/ゲート・エレベーター通信

パレット/重量物ハンドリング/ゲート・エレベーター通信

Oasis AGVは、保管セクションと生産セクション間の有機的な接続も実現できます。また、倉庫内では、トラックとパレットの互換性のある処理ができます。独自なFMSにより、ロボットは、アクセス制御またはエレベータの乗降、ゲートの通過など、作業エリアを拡張することができます。

  効率的なスケジューリングシステム:マルチAGVの5Gクラウドスケジューリング+ MESデータドッキング

FMSクラウドスケジューリングシステム

FMSクラウドスケジューリングシステムは、マルチマシンの複雑なトラフィック管理を実行し、マシン本体が異常が出た場合、自らのインテリジェンス処理およびFMSに通知することができます。同時に100台のロボットを管理できます。将来的には、クラウドスケジューリングに5Gを組み合わせ、MESデータ収集端末を組み合わせて物流の自動化と情報化を実現できます。 クライアント様の既存のリソースをインテリジェントかつ合理的に割り当て、ルートを計画し、トラフィックを管理し、スケジュールされたタスクと即時タスクの安定した働きを完了します。各ロボットは忙しくても整然と動き、貨物の積み降ろし作業を実行します。

特に、インターネット、IoT、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、人工知能、5G、などの技術の発展によって、物流市場は規模の拡大を続け、輸送の構造などは常に変化しています。スタンダードロボットはフレキシブルな物流ソリューションを専門とし、会社の原動力としてイノベーションを維持します。3C業界、自動車部品業界、半導体業界の多くの顧客に製品と物流の自動化ソリューションを提供しています。物流自動化のコアテクノロジーはスタンダードロボットにお任せください。

W4-D2のブースにてお待ちしております。ぜひお寄りください。


展示会の様子



3日間、日本国内の法人さまを含め、たくさんの方がブースに立ち寄って頂きありがとうございました!

場所: 上海, 中国