standard-title Cloud・AGV クラウドAGV、OasisシリーズはクラウドベースのAGV

Cloud・AGV

クラウドAGV、OasisシリーズはクラウドベースのAGV

ロボット技術とネットワーク技術の同時発展により、早い段階で(onlinerobots)や(networkedrobots)という概念が生まれました、ネットを利用してロボットの開発や遠隔操作ができれば、コントロールしやすくなるのとロボットの開発が簡略になりコストダウンにもなります。1996年、東京大学の稲葉雅幸教授の論文「リモートブレインロボットIntelligent Robotics. Remote-Brained Robot」の発表により、多くの企業と研究機関が本格的にネットワーク上でのロボットコントロールを研究し始めた、そして、2010年、クラウド技術の進化とともに、当時カーネギ・メロン大学のJames Kuffner博士(のちにgoogleに努め現在トヨタ研究所に所属しています)が初めてCloudRoboticsの概念をインターナショナルコンファレンスHumanoids2010で発表しました。ネットワークの高速化や5Gの普及により、CloudRoboticsは実現可能になりつつある。

CloudRoboticsとはロボットのブレーンとなる部分をロボット本体に装着していなく、クラウドに置かれます。ロボットは受信だけすればクラウドから指示したコマンドを実行可能になります。これによって、1個のロボットに複数の動き、行動パターンをクラウドから指示すれば済むので、ハードウエアの製造も大幅にコストダウンが可能になります。また、クラウド上で複数の開発者が同時にロボットの開発に参加できます。研究コストも大幅に節約できます。さらにクラウド同士のロボット研究リソースを共有すれば、より簡単にロボットのブレーンを開発可能になります。

CloudRoboticsの概念をそのままAGVにも適応可能です。5Gの普及により、クラウドで処理した結果を瞬時にAGVに伝えることができれば、すべてのAGVへのコマンドはクラウドで処理をし、AGVに発信できます。実際、4Gではこの遅延が20m秒ありましたが、5Gになるとわずか2m秒で伝達可能になります。精密機器の操作や組み立て作業にはまだ速度が足りないかもしれませんが、通常の荷物の搬送の場合、2m秒は許容範囲内ではあります。AGVの動きに大きい影響は出ないレベルではあります。

スタンダードロボットのAGV、Oasisシリーズは、クラウドベースのAGVである、メインコントロールソフトFMSの一部の機能はクラウドに接続していますので、稼働現場のネット環境がとても重要である。

今後、ネットワーク環境さえ整えば、メインソフトFMS全体をクラウドに移行可能になります。CloudAGVの実現が可能になります。パソコンの前でAGVの動きを確認することなく、365日24時間スマホやクラウド上で簡単にAGVを確認できます。また、多くの開発者がAGVの開発に参加ができれば、AGVの性能もよくなり、コストパフォーマンスが大幅に改善されます。